たまりば

  芸術・創作 芸術・創作  日野市 日野市

ノンフィクション

https://youtu.be/ihMPLCNykZI
平井堅さんの「ノンフィクション」を、聴いています。

初めて舞台に立った日から30年目の年でした。
こんな生き方をしていると、誤解や思い込みで人物像を語られていたり、架空のレッテルで妨害されたり、とにもかくにもつまらぬ個人の「私情」に振り回される事があります。
もう、そりゃしょっちゅう!

それでも、今年は、慣れていたはずのそんなのに、ずしずし潰されそうな一年で、ちょっとアタクシやられかけてました。
だけれど、すぐ傍では大切な仲間が頑張るし、守らねばならぬ者が変わらず愛しいので、絶対に負けるもんかと踏ん張る訳です。

怒るな。
泣くな。
終わるな。

って自分に言い聞かせながら。
でも、そんな風に頑張ったとして、全く生きてる心地がしないもんでね。

人はもっと叫んでいいし、わめいていいと思ったのです。
そうじゃないと、どこに「自分」がいるのか分からなくなると思ったのです。
そっちの方がよっぽど怖いと想像するのです。

……なんて本音がポロポロこぼれる年の瀬。


恥ずかしかった自分も、醜かった自分も、間違った自分も、みんな抱えて、来年へ。です。
皆様も、あたたかな良いお年を。









  • LINEで送る


  • 2017年12月26日 Posted byIkumi Asahina at 23:37 │日常voice