たまりば

  芸術・創作 芸術・創作  日野市 日野市

カワサキさん家より。

イスモナティ公演「カワサキさん家のかたち」が終演し、ほっこり日常生活へ舞い戻りました。
実年齢よりも上の役で、自分的に拾ったやりたい動作や、言いたいおばちゃん用語をアドリブでバンバン飛ばした訳ですが、自由にやらせてくれた演出に感謝です。とても楽しかったし、全ステージ、笑いを取ることができ、薄ら笑いが止まりません。

…人の笑い声っていいですね。
私たちは、こうして人の心が豊かになる瞬間に立ち会っている訳ですね。
イスモナティの公演は、二度目の出演となりましたが、毎回、お客様の評判がとても良く、この温かい世界に再び関われた事は、そういう意味で健やかに育てていただいている様に思います。

ご来場くださった皆様、笑って下さった皆様、泣いてしまった皆様、本当に本当にありがとうございました。
カワサキさん家より。
公演中は阿佐ヶ谷の商店街で色々なものを食べさせてもらいました。
カワサキさん家より。
モーニング。
カワサキさん家より。
安くて美味しい丼丸。何回も食べた(笑)
カワサキさん家より。
たい焼き。
カワサキさん家より。
会場の前を通りかかった可愛いワンコ♪小梅ちゃん。
カワサキさん家より。
空き時間の舞台。
カワサキさん家より。
鳥子さんが来てくれた千秋楽。
カワサキさん家より。
相手役の菅野さん。半纏姿が愛おしい。
カワサキさん家より。
撮影の明士さんに「火サス」って言われた一枚。気のいいおばちゃん役だったのにどういう事でしょう(笑)
カワサキさん家より。
電球頭さんは、伊藤氏の本当のお父様がご出演されてました。
カワサキさん家より。
ちさ姉とは楽屋で二人でシミを作りながら「客演っていいねぇ」と心から言い合いました。


さぁ、今月末はonepuckの顔合わせです。
準備せにゃ。



  • 2018年05月03日 Posted byi at 22:18 │日常voice