たまりば

  芸術・創作 芸術・創作  日野市 日野市

休日

休日らしい休日です。
前日に酒を飲んでいない。
早朝に起床。体らくちん。
LINEやメールをちゃんと返していてやり残しのモヤモヤ無し。
朝食をきちんと食べている!コーヒーじゃなく、スープを飲んでいる!作って!

ニュースを見、息子とふざけ午前中はそんなで。
正午を過ぎたあたり、長年劇団の衣裳を預かってくださっていた佳美さん宅まで車を走らせ、衣裳、小道具もろもろを受け取りに行く。
決して近所とはいえない長い道中、彼女はこの道のりを越えて稽古場まで通っていたのだなぁ…としみじみ。
ご自宅のすぐ近くでナビに逆らった為、迷っている私を迎えにきた佳美さんは、変わらずいつもの佳美さんで。
以前は彼女の顔を見ると「次の公演」についてせっつく様に高い声でしゃべっていた私も、なんだか、美味そうな卵をもらったり、こちらは梅酒を渡したりと、ごく普通のやりとりで、語らぬ同士っぽい感覚にだいぶ癒されたものだ。
その後、西田家へ酒やらを持参し、倉庫に入りきらない道具や衣裳を置かせてもらう。
一服し、一息つき、終演した学校公演のことなどをつらつらと喋っていたら、娘ちゃんが登場したので「美しくなったな~」などと愛でて、日が暮れる前に帰宅した。
そして、旦那と息子は空手の敢闘賞と昇級を祝いに二人で焼き鳥屋へ行ったので、私は犬っころに吠えられながら、今は次回公演の脚色をしたり、筆に詰まってブログに逃げたりをしている訳です。

THE・休日(笑)
やることを丁寧にこなして、それでもゆっくりと時間が流れる休日。
こんな時間がとても欲しかった。
休日
2月26日。コロナで一時は公演中止を受けるも、規模縮小、録画鑑賞等の対応を頂き、今年も学校へ行くことができました。仕込みの様子です。
休日
作演、伊藤俊介の男気と、俳優陣、照明の次田氏、それぞれの所以たる根気に涙が出る思いです。前日の公演中止宣告は肝が縮まる思いでした。
休日
どんな状況でも、黙って任務を遂行する。この人の姿勢を追いかけています、次田満夫。
休日
PTA会長の郡司さんをはじめ学校関係者の皆様、大変な時期に私共を迎え入れてくださりありがとうございました。いのちのプロジェクト、四回目が終わりました。信じてくださる東様、山上様、卒業生と保護者の皆様、終演後の大きな拍手をありがとうございます。
休日
私、多分、体育館に入るまでずっとキンキン声で喋っていた気がします…とにかく終わって良かった。
休日
打ち上げは小桜。ゆうさん、昼間からどうもありがとう!ジェイの男泣きにもらい泣きし、私は今日も元気です。

世間がコロナで。
何を平和ボケしているかと叱られそうですが、現実わが町にも感染者が出ました。
人は間違える。粗も出る。真っすぐであればある程に。
でもそんな時に、きちんと真っすぐ謝れるかが要だ。
トイレットぺーパーが売っておらずびっくりしましたね。
でも、今夜は買えました。
買えるんです、私は。
だから可哀想なのは自分ではない。
あー言えばこー言うを止めて、未来を語る大人になりましょう。
こんな時こそ、揚げ足取りは止めて。
ちゃかしている人、便乗している人、亡くなった方の無念をお考えか?
狂わずに。
生きましょう。



  • 2020年02月29日 Posted byi at 22:08 │日常voice稽古